トップページへ
  登録しよう | ヘルプ | ログイン


ニュース日記コメントスケジュール辞書作家/日記検索ランキング
トップページダイアリートップ各日記7日分
  
 Search:    

 
ダイアリーコメントカレンダーワーズプロフィールアクセス
 
Face_Icon押忍珍さん

3:16抄
We are not your kind !

■登録日:2001年11月20日

「富国強猫」
(=猫が幸せな国は強くて豊かで平和)

「脱マ論」 
(=脱マスゴミ世論)
をモットーに、毎日書いてます。

  初日から 前の7日分 月単位 次の7日分 最新  

2019/11/14(木)

No Data

 ▼  投稿日時:[日本時間]
▼  今日の気分:
▼  今日のイチオシ:
▼  体重:
▼  明日の予定:





日記データがありません


コメントへコメントへ カレンダーへ

各日記終了空間
2019/11/13(水)
No Data

 ▼  投稿日時:2019年11月13日(水)16時52分49秒[日本時間]
 ▼  天候:晴、のち曇り
▼  今日の気分:
▼  今日のイチオシ:
▼  体重:
▼  明日の予定:
ま、こんなモンか。

測ってない。



●本日のぬこさん画像
 本日のぬこさん画像は、いつもとは反対のアングルから撮ってみた、毎度お馴染みの「水飲みぬこ」ことグレさんです。

 どうも、グレさんが「水飲みぬこ」である事はこの公園に来る人達の間で広く知られてるらしく、先日も、他の人がこの蛇口からグレさんに水をあげてるところを見かけました。

 「蛇口ひねり係」はオレの役目だとばかり思ってただけに、その光景を見て、正直、ちょっと複雑な思いがしましたね(笑)。




=まだ完成してません=


コメントありますコメントがあります カレンダーへ

各日記終了空間
2019/11/12(火)
「天皇の神格化」に加担してんのは、他ならぬアンタらなんだよ(笑)。

 ▼  投稿日時:2019年11月13日(水)17時16分03秒[日本時間]
 ▼  天候:晴
▼  今日の気分:
▼  今日のイチオシ:
▼  体重:
▼  明日の予定:
良い。

測ってない。



●本日のぬこさん画像
 (昨日からの続きです)
 いきなり、近づいてきた後見人(つーか、後見猫(笑))の長毛さん(画像下)に向かって飛び掛っていきました。
 しかも、「ジャレてる」というレヴェルじゃない勢いで。

 当初はまるで実の子供の如く長毛さんの後をついて周ってたグレ子なのに、早くも反抗期なのか?
 
 それとも、「積木くずし」(←死語)なのか(笑)?

●本日のヲタ話
 <その1>
 本日の朝日、もとい、●●(笑)新聞デジタル発Yahoo!ニュースによると、今上陛下のご即位に伴い今月14日から15日にかけて挙行される大嘗祭の中心的儀式である「大嘗宮の儀」を前に、本日、プロテスタントやカトリックなど各宗派のキリスト教団体関係者が国会内で記者会見し、
 ”(現行憲法の「政教分離」原則に反するから)憲法違反だ”
 だの
 ”天皇の神格化につながる”
 だのとして抗議したそうな。
 
 …って、心ある日本国民ならば皆正しく理解している通り、現行《憲法》第7条には
 >天皇は、内閣の助言と承認により、
 >国民のために、左の国事に関する行為を行ふ。
 >(中略)。
 >十 儀式を行ふこと
 (改行・カッコ内:押忍珍)

 との【天皇】の「【国事】【行為】」を規定した定めがあり、「大嘗宮の【儀】」もまさしくコレに則って【行】われる【こと】になるが故に、そもそも《憲法違反》なんかになりようが9DEATH、もとい、ないんです(笑)が、何か(笑)?

 それによ〜。
 言ってるアンタらだっていやしくも「キリスト教徒」をやってるからには、なぜ神は偉大なのか、その理由はわかってるハズだろがよ。
 
 この世には
 >悟りのある人はいない。神を求める人はいない(「ローマ人への手紙」3:11)
 
 し、また
 >彼らの目の前には、神に対する恐れがない(同3:18)

 が、そんな【神を求め】ず【神に対する恐れがない】人間ですら愛し(ココでいう「愛」とは、「アガペー」。すなわち、「(相手からの)見返りを求め【ない】愛」である)、そして救って下さる(もっとも、なんぼキリスト教徒になったところで、誰を救うかは「天地創造の時点で既に【神】が決めている」事になってるので、実際に救われるか否かは死んでみないとわからん(笑))からこそ、【神】は偉大なのではなかったか。

 一方、コレまた心ある日本【国民】ならば皆正しく理解している通り、【天皇】とは【人】々を「一視同仁」で見ていて下さり、均しくその幸せと安寧を祈って下さるご存在である。
 
 つー事は、だ。
 モノの道理として、今回浅はかな《憲法》理解から小賢しくも抗議の意思を表明したヤカラどもが【天皇】【を求め】ず【天皇】【に対する恐れがな】ければ【ない】ほど、こんなのですら分け隔てなく幸多かれと願っておられる【天皇】とは【神】にも等しき至高の愛の持ち主であるが故に、また偉大という話になるではないか。

 てなワケで、「【天皇】《の神格化》」に加担してんのは、他ならぬアンタらなんだよ(笑)。

 <その2>
 (昨日から続く)

 というのも、佐江ちゃんは「【非国民】」呼ばわりされてくじけるどころか、逆にその男子に向かって
 >「戦争に反対するのが非国民っていうなら、
 > 非国民というのは平和を大事にする人だってことだよね」
 (同、21頁。改行:押忍珍)

 と言い返した【という】からである(笑)。

 モチロン、【非国民】は【戦】時は言うまでもなく平時においても祖【国】や同胞の名誉を毀損したり国の存立を危うくするといった「利敵行為」を進んでやるからこその【非国民】であるが故に、「【非国民】=【戦争に反対する】【人】=【平和を大事にする人】」【という】佐江ちゃんの理屈は成り立たない。
 
 が、それでも、若干12歳にして「千万人と雖も我往かん」(『孟子』公孫丑上)な姿勢を貫いたところはアッパレ!である(笑)。

=押忍珍 3:16=


コメントありますコメントがあります カレンダーへ

各日記終了空間
2019/11/11(月)
こういうのを見ると、オレもこの言葉を信じちゃうな(笑)。

 ▼  投稿日時:2019年11月13日(水)17時15分44秒[日本時間]
 ▼  天候:晴
▼  今日の気分:
▼  今日のイチオシ:
▼  体重:
▼  明日の予定:
劣悪。

測ってない。



●本日のぬこさん画像
 (昨日からの続きです)

 そこから突然、グレ子は「ハンターモード」に入っちゃいました(笑)。

 そして…。

 (明日に続きます)

●本日のヲタ話
 <その1>
 本日の朝日、もとい、●●(笑)新聞デジタル発Yahoo!ニュースによると、本日、富山県朝日町教育委員会は妨害予告(つーか、脅迫)を受けたとの理由で今月13日に『日本はなぜ世界でいちばん人気があるのか』というテーマで開催予定だった保守系論客の竹田恒泰氏の講演を中止すると発表したそうな。

 うむ。
 かつて、一橋大学の学園祭にて行われるハズだった『永遠の0』などでお馴染みの大ベストセラー作家・百田尚樹氏の講演が同大学に巣食う左翼活動家の圧力によってやはり中止に追い込まれた時は●●を始めとしたマスゴミは一斉に「報道しない自由」を行使した(笑)から、それを思えば、だ。

 我々【日本】国民をあざ笑うかのように、昭和天皇の御真影を燃やした後それを踏みにじる映像とか特攻の英霊を愚弄するオブジェ(?)とか所謂「従軍慰安婦(正しくは、公娼。以下、慰安婦)」像などといった我々【日本】国民の感情を大いに害する禍々しいシロモノを多数展示してきた事に批判が殺到したため開幕からわずか3日で中止に追い込まれたのに日を改めて再開した事で悪名を馳せた。
 そんな「表現の不自由展・その後」なる催しを含む「あいちトリエンナーレ2019」を、そんな●●を始めとしたマスゴミは「表現の自由」の名のもとに全面擁護してたけど、それが今になってテメェらの望まぬ形で跳ね返ってくるのは笑っちゃう(笑)。

 俗に
 ”人生にムダな事など1つもない”
 とは言うが、こういうのを見ると、オレもこの言葉を信じちゃうな(笑)。

 <その2>
 (昨日から続く)

 大体、記者が「ご意見番」として引っ張り出してきた小林氏からして、心ある日本国民ならば皆正しく理解している通り、「安倍政権打倒」を掲げて「国民怒りの声」なる政治団体を立ち上げ(現在は消滅)平成28(2016)年の参院選に出馬(するも、落選(笑))した過去が完全に証明する通り、政治的に偏向した人物ではないか。

 そんなヤカラに
 ”天皇は「憲法上で唯一の世襲制の公務員」ですから”
 とか
 ”「国民が天皇の即位に敬意を払わなければ間違いだ」
  という勘違いを独り歩きさせたらいけません”
 とか「ドヤ顔」で言われたところで、我々真っ当な日本国民は皆
 ”お前がそう思うんならそうなんだろう、お前ん中ではな(AA略)”
 程度にしか思わねぇ《から》(笑)。

 それによ〜。
 こんな駄文書いた毎日記者だってイイ歳ブッこいた大人のクセして、たかが「非国民」という言葉にナーヴァスになってんじゃねーよ。

 そんな事では、『チコちゃんに叱られる!』(on NHK総合)ならぬ、「佐江ちゃんに叱られる!」だぜ(笑)。

 佐江ちゃんとは、『従軍慰安婦のはなし 十代のあなたへのメッセージ』(西野留美子:著。明石書店)という所謂「従軍慰安婦」とやら(正しくは、公娼。以下、慰安婦)をテーマにした子供の本(笑)に登場する。
 否。
 著者の西野氏にこの本を書かせるキッカケを作った、(この本が世に出た)平成5(1993)年当時、12歳のJSである(笑)。

 この佐江ちゃん。
 友達のサキちゃんと共に慰安婦問題を取り上げた学級新聞を作る(笑)ほどネガティヴな意味で「将来有望」な女の子(笑)なんだが、その学級新聞を配った翌日、給食を食べ終わった時にクラスの男子が佐江ちゃんの席にやってきて
 >「おまえたち、こんな新聞出すんじゃねえよ。こういうのを書くのは非国民だ」
 (前掲書、20頁)

 と言うや否や、その机にくだんの学級新聞を叩き付けたそうな。

 ところが、である。
 「【非国民】」という言葉にショックを受けて憲法学者のもとへ駆け込んで泣きついたような毎日記者(笑)とは違い、佐江ちゃんは強かった。

 (明日に続く)
 
=押忍珍 3:16=


コメントありますコメントがあります カレンダーへ

各日記終了空間
2019/11/10(日)
それじゃ、オレも「非国民」になっちまうのかよ(笑)。

 ▼  投稿日時:2019年11月12日(火)17時55分27秒[日本時間]
 ▼  天候:晴
▼  今日の気分:
▼  今日のイチオシ:
▼  体重:
▼  明日の予定:
劣悪。

測ってない。



●本日のぬこさん画像
 本日のぬこさん画像は、早くもお馴染みとなったグレ子です。

 こうして見ると、ただただ可愛いグレ子なんですが…。

 (このネタ、明日に続きます)

●本日のヲタ話
 <その1>
 聞くところによると、今上陛下の「即位礼正殿の儀」が行われた先月22日を休日・休校にしなかった会社や大学をSNSで「非国民」呼ばわりしていた人間が居たが本日行われるご即位記念パレードを観なかったらやはり「非国民」なのか?として、慶応大学名誉教授の憲法学者とかいう小林節氏に
 ,修發修眦傾沈とは何なのか?
 ◆文醜圈坊法との関係はどうなっているのか?
 について話を聞きに行ったという話が、毎日新聞のHPに登録しないと全文読めないWeb会員限定(かつ有料(笑))記事としてうpってあるそうな。

 …って、参ったな。
 その時間帯、オレは地元・徳島も学園祭シーズン最後という事でS大学の学祭に行ってそこの手話・点字サークルのJDとお話してた(笑)から、それじゃ、オレもパレードを観てないが故に「非国民」になっちまうのかよ(笑)。

 ま、それはともかく(笑)、この日記でも幾度となく書いてきた通り、かような毎日記者による頭の悪い質問(笑)に対する回答は
 ,修料阿後ろに「反対」とか「打倒」とか「廃止」などといった言葉を添えて
  初めて意味を成す、共産党製の「えぐい言葉」(© 司馬遼太郎)
 国立公文書館に展示されている現行憲法(もっとも、コレはレプリカだが)の原本に
  昭和天皇の御名御璽がある事からも証明される通り、現行憲法の
  同98条でいうところの「国の最高法規」としての正当性を与えて下さる存在
  (故に、「立憲君主」としての制限を自ら課されている格好ではあるが、
   モノの道理として、天皇は憲法の上に立つ)
 …となりますが、何か(笑)?

 (このネタ、明日に続く)

 <その2>
 (昨日から続く)

 宗教を「何となくイイもの」程度の認識しかない「宗教オンチ」の我々日本国民からすれば、「《神に選ばれ》し者」なんていうと「生まれながらにして《神》から(才能やカネなどといった)恩恵を与えられたマンモスラッキー(←死語)な人」と見なし、コレを羨ましがったり、あるいはそれ故に嫉妬したりするであろう。
 
 が、実際にはそんな見方が大間違いである《事》は、たとえば、旧約聖書に登場する預言者・エレミヤを見れば一目瞭然。

 ある日突然、《神》よりお前は母の胎内で結実した時点で預言者に決めてたので預言者になれと命じられたエレミヤは、ナンボ
 ”私にはムリです”
 と断っても許してもらえず、仕方なく《神》の言うがままに預言を伝えたらその内容があまりにも不吉な話ばっかなので周囲の人達にはウザがられれるわ、時の権力によって獄につながれれるわ。
 挙句の果てには、聖書にはハッキリそうとは書いてないが、最後は外国に連行されて殺されるという形で生涯を終えたではないか。

 かように、常人にはとても耐えられない・忍べない艱難辛苦を耐え忍び、それが生涯に渡って続くという宿《命》から逃げずにその宿《命》を自らのモノとして進んで受け入れる人というのが、「《神に選ばれ》し者」というモンだ。

 以上、【天皇】という存在が「《天命》」にして、余人に取って代わり得る「職業」とか「地位」とかなんかじゃない所以、かくの如し。
 だからこそ、所詮は人間風情の価値観に過ぎん「《男》《女》平等」だの「国民主権」だのといった観点から《皇》位継承について論じるのは僭上の沙汰にして不適切だ。

 いわんや、現状における所謂「【女性天皇】」および《皇》室伝統の歴史には全く存在しない所謂「【女系天皇】」の【容認】を前提とした【議論】など、まさしく【論】外なのである。

=押忍珍 3:16=


コメントありますコメントがあります カレンダーへ

各日記終了空間
2019/11/09(土)
許されないのは議論の先送りではなく、こんな議論そのもの。

 ▼  投稿日時:2019年11月10日(日)23時15分52秒[日本時間]
 ▼  天候:晴
▼  今日の気分:
▼  今日のイチオシ:
▼  体重:
▼  明日の予定:
ま、こんなモンか。

測ってない。



●本日のP★リーグ
 先週はラグビーワールドカップ決勝戦中継でお休みだったため2週間ぶりの放送となる本日の『エンターテインメント・ボウリングステージ P★リーグ』(on  BS日テレ)は、第14シーズン第1戦(通算第82戦)1回戦最終組Fグループとなる浅田梨奈(スコア:195)・鈴木理沙(175)・久保田彩花(175。画像参照)による対戦だ。

 今回は、終わってみれば連続ストライクは最大でダブルしかない(笑)という実に地味な試合展開(笑)。
 
 そんな中、序盤からノーミスをキープしていたためかろうじてトップを守っていた久保田だったが、8フレのスペアをイージーミス。
 続くボウリングのセオリー的に最も大事な9フレでも、のベビースプリット(=プロならば取れて当たり前レヴェルの難易度が低いスプリット)をクリアできず一気にスコアを落とし、2位の浅田にトップを譲ってしまう。

 更に、終盤まで3番手だった鈴木とスコアが並んでしまい、浅田の勝ち抜けが決まった後に行われた鈴木とのワンショット・プレーオフにも敗れ、トップから一転、グループ最下位となり次回出場停止の憂き目に遭う久保田であった。
 
 今回も1回戦突破できずに終わった久保田プロだったけど、本人は「コレも今の実力」と割り切って素直にこの負けを受け入れたところは、好感が持てたね。
 
●本日のヲタ話
 今日に始まった事ではない(笑)が、本日の『女性天皇容認8割 議論先送りは許されない』なるオレの地元紙・徳島新聞社説も全くの噴飯モノだ(笑)。

 コレは、タイトル通り、
 >共同通信が10月下旬に実施した世論調査では、
 >女性天皇について賛成81・9%、反対13・5%。
 >母方が天皇につながる女系天皇では賛成70・0%、反対21・9%となった

 とか
 >2年前の世論調査では反対が72%を占め、
 >「女性・女系天皇を容認すればよい。旧皇族の復帰は必要ない」
 >という回答が最も多かった
 (以上、前掲社説より。改行:押忍珍)

 との結果から社説子が「ドヤ顔」で所謂「【女性天皇】・【女系天皇】【容認】」の【議論】を進めよと主張するモンなのだが、心ある日本国民ならば皆正しく理解している通り、こんなのはモノの道理をわきまえぬヤカラの戯言に過ぎん。

 その理由はモチロン、この日記でも幾度となく書いてきた通り、所謂「【女系天皇】【容認】」【論】とは、「男【系】継承」によって神武【天皇】から続いてきた「万世一【系】の【天皇】」とは全く異なる、「(【皇族】に取って代わって民間人である)父【方】の血筋による新たな王の誕生」を是とするモノ。

 一方、所謂「【女性天皇】(つーか、現状でのそれは「愛子【天皇】」を意味するが)【容認】」【論】とは、そんな所謂「【女系天皇】」誕生を1代遅らせる、あるいは「【女性天皇】の懐妊禁止」という不文律により敬宮愛子内親王殿下に「生涯独身」を強いる事を是とするモノであるから、共にその行き着く先は「【皇】統断絶」だ。

 故に、【許されない】のは【議論】の【先送り】ではなくこんな【議論】そのものであり、【旧皇族の復帰】こそが、「将来における安定的な【皇】位継承」の名のもとに、【共同通信】を始めとしたマスゴミによる【世論調査】の結果如きに煩わされる事なく【議論】すべき課題だからである。

 大体、この【8割】の人間ってのはマスゴミ同様【天皇】を単なる「職業」とか「地位」くらいにしか思って【ない】からこんなタチの悪い【回答】をしたんだろうが、だ。

 以前この日記でも書いた通り、【天皇】とはそんな軽いモンじゃ【ない】。
 「祭祀王」であるが故に、その存在は「【天】命」なのである。
 
 では、
 ”♪「若さ」〜
   「若さ」って何だ?
   振り向かな〜い事さ
   「あ〜い(愛)」って何だ?
   躊躇わな〜いこ〜と〜さ〜”
 との『宇宙刑事ギャバン』の主題歌のノリ(笑)で
 ”「【天】命」《って何だ?》”
 と問えば、その答えは
 ”神(この場合においては、「【皇】室の始祖神」たる天照大神)に
  選ばれる《こ〜と〜さ〜》”
 となるだろう。

 (このネタ、明日に続く)

=押忍珍 3:16=


コメントへコメントへ カレンダーへ

各日記終了空間
2019/11/08(金)
コレって、ズルいだろ。

 ▼  投稿日時:2019年11月09日(土)18時02分22秒[日本時間]
 ▼  天候:晴れたり曇ったり
▼  今日の気分:
▼  今日のイチオシ:
▼  体重:
▼  明日の予定:
良い。

測ってない。



●本日のぬこさん画像
 本日のぬこさん画像は、毎度お馴染みの階段ぬこさん(画像左)&タヌキくん(同右)のツーショットです。

 ご覧の通り、お互いソッポを向いてます(笑)が、コレでも前回(10月30日付分参照)に比べれば距離的には遥かに縮まりましたから、本来の意味での「ツーショット」まで、あともう少しです(笑)。

●今週の猫ピッチャー
 今週の『猫ピッチャー』(そにしけんじ:作・画)は、パセリーグ代表・セイビライセンス(モチロン、元ネタは西武)との日本シリーズ第2戦。

 ニャイアンツ先勝で迎えたこの試合は(…って、第1戦はやっぱりあのままライセンスが負けたんか(笑))息詰まる投手戦で、9回表まで両軍無得点のまま。
 そして、ニャイアンツ最後の攻撃となる9回裏、ツーアウト・ランナーなしの場面でチームの主砲・4番の大嶋が打席に立つ。

 一方、ニャイアンツベンチでは井狩監督がミー太郎に耳打ちし、その指令を聞いたミー太郎はバットを2本を持ちながら。
 否。
 引きずりながら(笑)ネクストバッターズ・サークルに入る…というお話。

 この瞬間、場内は
 ”次の打者は、代打でミーちゃんか?”
 とばかりに一斉に沸き、更には自分の体重(=3繊砲糧省以上に匹敵する2本のバット(=合わせて2措紂砲鮖ち上げようとするが失敗し、それでも尚同じ事を繰り返す《ミーちゃん》の健気な姿に、観客のみならず相手投手も見入ってしまう(笑)。
 
 すると、主審から早く投球するよう命じられた相手投手は集中力を欠いてついつい甘い球を投げてしまい、大嶋選手はそれを逃さずサヨナラホームランをかっ飛ばしたものの、ライセンスはモチロン、自軍の選手達まで《ミーちゃん》に注目してたため、大嶋選手が勝負を決めた事に誰も気が付いてない(笑)。
 ま、そこは計算外(笑)として、全ては井狩監督の作戦通りだった…というオチなんだけどさ、コレってズルいだろ。
 
 だって、パセリーグのチームが《ミーちゃん》と対戦できる機会はオープン戦と交流戦。
 そして、運が良ければ日本シリーズに限られる(ので、交流戦になると相手チームから《ミーちゃん》の出場要請が殺到する(笑))だけに、だ。
 ただでさえ試合に《ミーちゃん》が出てくるとパセリーグのチームの選手達はメロメロ(←死語)なのに、こういう重要な場面で相手チームを油断させるべく《ミーちゃん》にこんな事をやらせるのは、フェアじゃねーよ(笑)。

●本日のヲタ話
 聞くところによると、本日行われた参院予算委員会の集中審議にて閣僚の連続辞任をめぐる任命責任を追及されながらも
 ”責任を痛感している”
 ”行政を前に進めていく事で(自身の責任を)果たす”
 と繰り返す安倍総理を、立憲民主党幹事長の福山哲郎氏が「壊れたテープレコーダー」呼ばわりで批判しとるそうな。

 …って、その表現はおかしいぜ。
 あくまでも安倍総理が同じフレーズしか言わない《事》を理由にそれを批判する意味で言うならば、ココはたとえば、「針飛びばかり起こす(キズの入った)レコード」とかが適切だろがよ。

 大体、野党の追及に対して安倍総理が同じような答弁しかしないのは、たとえば、今はなきTVショーの『笑っていいとも!』のラストで司会者役の森田一義氏がスタジオの観客に向かって
 ”また明日も観てくれるかな?”
 と声をかけると判で付いたように皆が一斉に
 ”いいとも!”
 と返すのと同じ。
 すなわち、「お約束」ってヤツであり、それは野党側が同じような《事》しか言えんから、安倍総理も同じリアクションで返さざるを得ないだけの話に過ぎん。
 
 そんなテメェらの「質問の稚拙さ」まで、安倍総理のせいにしてんじゃねーよ(笑)。

=押忍珍 3:16=


コメントありますコメントがあります カレンダーへ

各日記終了空間
  初日から 前の7日分 月単位 次の7日分 最新  

  201911
前の月へ今日次の月へ


  サポート
お問い合わせ お問い合わせ
ヘルプ ヘルプ
よくある質問 よくある質問

  アクション
登録しよう登録しよう
パスワード忘れた!パスワード忘れた!
ログインログイン

登録しよう | ヘルプ | ログイン

Copyright 2019 Chibikki.. All Rights Reserved. 利用規約 | お問い合わせ | よくある質問集 |