トップページへ
  登録しよう | ヘルプ | ログイン


ニュース日記コメントスケジュール辞書作家/日記検索ランキング
トップページダイアリートップ各日記1日分
  
 Search:    

 
ダイアリーコメントカレンダーワーズプロフィールアクセス
 
Face_Icon押忍珍さん

3:16抄
Destroy all a*smedia !

■登録日:2001年11月20日

「富国強猫」
(=猫が幸せな国は強くて豊かで平和)

「脱マ論」 
(=脱マスゴミ世論)
をモットーに、毎日書いてます。

  初日から 前日 週単位 翌日 最新  

2018/05/15(火)

言ってるテメェのほうこそ、よっぽど豊かな人間性も道徳性も身に付いてないし、子供達に悪影響を与えとる(笑)。

 ▼  投稿日時:2018年05月17日(木)17時15分45秒[日本時間]
 ▼  天候:晴
▼  今日の気分:
▼  今日のイチオシ:
▼  体重:
▼  明日の予定:
ま、こんなモンか。

測ってない。



●本日のぬこさん画像
 本日のぬこさん画像は、毎度お馴染みのタヌキくんです。
 
 もうすっかり夏毛に生え変わったようで、急にスレンダーになったタヌキくん。
  
 にしても、こうして見ると、なかなかダンディーな顔してますよね(笑)。

●今週の猫ピッチャー
 今週の『猫ピッチャー』(そにしけんじ:作・画)は、置いてあるヘルメットに蹴躓いたりベンチにぶつかったりと、ミー太郎の様子がおかしい。
 本人(つーか、本猫(笑))はあくまでも大丈夫だというが、女房役の平野がよくよくミー太郎を見てみると…というお話。
 
 何と!片側のヒゲがなくなっていたミーちゃん。
 実は練習前、ミーちゃんは平野選手のスパイク入れの中にもぐり込み、そんな事とは知らずに平野選手がチャックを閉めた時ヒゲが抜けてしまったというのだ。
 読者の皆様もご存知の通り、猫のヒゲは平衡感覚を司るモノだから、この状態で試合に出る事はできない。
 てなワケで、再びヒゲが生え揃うまで2軍で調整したいと言い出し、井狩監督に怒鳴られるというオチ。

 そりゃ、選手の2軍行きや1軍昇格を決めるのは監督の権限なんだから、ナンボ猫の体質上ど〜しようもない事態が発生したとはいえ、ンな事を勝手に決められちゃ井狩監督ならずとも怒るわな(笑)。

●本日のヲタ話
 <その1>
 今週の『横溝正史シリーズ供戞on ファミリー劇場)は、『真珠郎』と『仮面舞踏会』(not 少年隊のデビュー曲(笑))。

 前者は、シリーズ中最古の原作(昭和12(1937)年の作品。だから、本来は金田一とは無関係の話)の。
 後者は、当時最新作(雑誌連載されていた「金田一耕助最後の事件」こと『病院坂の首縊りの家』は既に完結していたが、この時点ではまだ角川文庫になってない)の映像化である。
 コレはやはり、前シリーズで有名どころの原作(例:『犬神家の一族』、『獄門島』etc...)をほとんど使い切ってしまった事による苦肉の策だろう。

 さて、まずは『真珠郎』だが、こういう名前の美青年にして連続殺人鬼による事件に巻き込まれてしまった友人・椎名(by 原田大二郎)を金田一が助けるという話で、原作にもかなり忠実。
 
 それだけに、ココでの金田一の位置づけは脇役で、主役はあくまでも椎名。
 そして、話のほうも探偵(推理)小説というよりは怪奇小説(だから、金田一さんの推理がかなり雑(笑))であり、椎名とヒロイン・由美(by 大谷直子)とのメロドラマというべきだ。

 とはいえ、丁寧な作りと役者の好演により水準の高い作品に仕上がっている。

 (このネタ、18日に続く)

 <その2>
 聞くところによると、本日の衆院本会議で代表質問に立った立憲民主党の桜井周氏は
 ”小学校の春休みに(娘達が)
  「映画『プリキュアスーパースターズ!』を観たい」
  と言うので一緒に観に行きました。
  映画のストーリーは、ウソをつかれた少年がその事を恨みに思い
  ウソバーッカという怪物になって社会を大混乱に陥れるというモノです。
  コレを、
  「子供向けのアニメの作り話」
  と笑い飛ばす事が出来ないのが我が国の政治の現状です。
  何故なら、安倍内閣がウソばっかりだからです。
  国権の最高期間である国会において大臣が、
  そして政府高官が公然とウソをつく現状では、
  豊かな人間性も道徳性も身に付かないのではないですか?
  そして、ウソをつかれた子供達が映画『プリキュア』のように
  ウソバーッカのようになってしまうのではないかと懸念します”
 として、《安倍内閣》の多くの《ウソ》が《子供達》の悪影響についてどのように把握し分析しているか?を文部科学大臣に訊ねたそうな。

 …って、おい。
 いやしくも《国会》議員でありながら、公の場で何の証拠もなく《安倍内閣》を一方的に「《ウソ》つき」呼ばわりしてやまないテメェのほうこそ、よっぽど《豊かな人間性も道徳性も身に付》いてないし、《子供達》に悪影響を与えとる(笑)。
 
 そして、《国会》でこういう質問をしたテメェ自体、《笑い飛ばす事が出来ない》《我が国の政治の現状》を象徴してるっての(笑)。

=押忍珍 3:16=


コメントありますコメントがあります カレンダーへ

各日記終了空間
  初日から 前日 週単位 翌日 最新  

  201805
前の月へ今日次の月へ


  サポート
お問い合わせ お問い合わせ
ヘルプ ヘルプ
よくある質問 よくある質問

  アクション
登録しよう登録しよう
パスワード忘れた!パスワード忘れた!
ログインログイン

登録しよう | ヘルプ | ログイン

Copyright 2018 Chibikki.. All Rights Reserved. 利用規約 | お問い合わせ | よくある質問集 |