トップページへ
  登録しよう | ヘルプ | ログイン


ニュース日記コメントスケジュール辞書作家/日記検索ランキング
トップページダイアリートップ各日記1日分
  
 Search:    

 
ダイアリーコメントカレンダーワーズプロフィールアクセス
 
Face_Icon押忍珍さん

3:16抄
We are not your kind !

■登録日:2001年11月20日

「富国強猫」
(=猫が幸せな国は強くて豊かで平和)

「脱マ論」 
(=脱マスゴミ世論)
をモットーに、毎日書いてます。

  初日から 前日 週単位 翌日 最新  

2019/05/05(日)

眞子内親王殿下に「結婚に失敗する自由と権利」なんてモンは、ハナから存在しない。

 ▼  投稿日時:2019年05月07日(火)18時13分31秒[日本時間]
 ▼  天候:晴、のち曇り
▼  今日の気分:
▼  今日のイチオシ:
▼  体重:
▼  明日の予定:
ま、こんなモンか。

測ってない。



●本日のぬこさん画像
 本日のぬこさん画像は、いつもの散歩コースの途中にあるSL公園で出会った新顔の白黒さんです。

 このぬこさん。
 連休中だけに親子連れが多く、その子供達が触りたがるモンだから、アッという間にココから居なくなりました(笑)。

●本日のヲタ話
 <その1>
 聞くところによると、元TBSの女子アナで現在はエッセイスト(?)の小島慶子氏なる人物が秋篠宮眞子内親王殿下(以下、内親王殿下)のご婚約延期問題についてお相手のK氏とのご結婚に賛成の立場を表明。
 その理由は、たとえ「(周囲から祝福される)望ましい結婚の形」でないとしても、(婚姻の成立条件等を定めた現行憲法第24条上)本人達が幸せであればそれでイイと思う。
 元より、内親王殿下には「一人の人間」として「結婚に失敗する自由と権利」があるとのこと…だそうな。

 さすが、宗教を装ったテロ集団・オウム真理教の執拗な抗議に屈してTVジャーナリズムのタブーである一方の取材当事者に放送前の未編集テープを観せた事で彼奴らが坂本堤弁護士一家殺害事件を起こすキッカケを作ったTV局(笑)出身らしく、味方のフリして他人を不幸に陥れる事を平気でやってのける、実にイヤな人間だな(笑)。

 それはさておき、心ある日本国民ならば皆正しく知ってる通り、仮にK氏とご結婚された暁には、内親王殿下は皇籍離脱される事となる。
 それ故に、もし「結婚に失敗」すれば、内親王殿下はご実家に戻る事ができない。
 てなワケで、内親王殿下を始め未婚の皇族女子にとってご結婚とは一般人以上に「一生の問題」なのであり、よって、内親王殿下に「結婚に失敗する自由と権利」なんてモンはハナから存在しないのだ。

 大体よ〜、小島氏は軽々しく当人同士が幸せならそれでイイとかホザいてやがるが、もしもK氏のように一方が借金問題を抱えておれば、それはソイツだけの話で済まずに相手にも、またその家族にまでも累が及ぶは必定。
 この事は、最終的には結婚に至らなかったけど、かつて世間を騒がせた羽賀研二&梅宮アンナの「バカップル」(笑)が完全に証明したではないか。
 羽賀の借金は自分達だけでは如何ともし難く、結局、羽賀の事を「腐った橋」呼ばわりして元々2人の交際に反対していた「アンナパパ」こと梅宮辰夫が清算するハメになっただろがよ。
 
 かように、一般人でもイザ「結婚」となると、それは当人同士だけの話に留まらない。
 いわんや、皇族女子がお相手の場合をや。

 てなワケで、この程度の事もわきまえずして脳天気にも内親王殿下のご結婚に賛成を表明したのなら、小島氏は無責任。
 逆にわかっててそうしたのなら、「人非人」である。
 
 <その2>
 (昨日から続く)

 然り。
 被占領期の「真の主権者」だったマッカーサーが
 ”(日本は)東洋のスイスたれ”
 (…って、実は《スイス》こそ「中立国」であり続けるためには
  「国民皆兵・本土決戦」上等の重武装【国家】なのだが(笑))
 と豪語したように、当初GHQは、我が国を長期間(少なくとも数10年単位で)占領する事により非武装・軽工業&農業国化するつもりであった(が、朝鮮戦争勃発によりその目論見はパーになった)。
 その実現を目的とした、GHQの、GHQによる、GHQのための「占領政策基本法」…というのが、「日本国【憲法】」なるモノの正体なのである。

 それは、戦後GHQがマスゴミに押し付けた30ヵ条に及ぶ検閲指針の3番目に
 ”SCAP(=連合国最高司令官司令部。すなわち、GHQ)が
  日本国【憲法】を起草した事に対する批判(を書いてはいけない)”
 を挙げた事が証明している。

 一方、当時のマスゴミはこの検閲指針に対して、いま安倍内閣相手にそうしてるように反発する(笑)事なく、唯々諾々としてコレを受け入れた。
 かくて、自ら「GHQのイヌ」に成り下がった戦後のマスゴミは、現行【憲法】が
 >多大な犠牲を出した(日本人自身の)戦争の反省から生まれた憲法である
 (前掲徳新社説より。カッコ内:押忍珍)

 という「フェイク」を喧伝しまくり、今日に至るのだ。

 (明日に続く)

=押忍珍 3:16=


コメントへコメントへ カレンダーへ

各日記終了空間
  初日から 前日 週単位 翌日 最新  

  201905
前の月へ今日次の月へ


  サポート
お問い合わせ お問い合わせ
ヘルプ ヘルプ
よくある質問 よくある質問

  アクション
登録しよう登録しよう
パスワード忘れた!パスワード忘れた!
ログインログイン

登録しよう | ヘルプ | ログイン

Copyright 2019 Chibikki.. All Rights Reserved. 利用規約 | お問い合わせ | よくある質問集 |