トップページへ
  登録しよう | ヘルプ | ログイン


ニュース日記コメントスケジュール辞書作家/日記検索ランキング
トップページダイアリートップ各日記1日分
  
 Search:    

 
ダイアリーコメントカレンダーワーズプロフィールアクセス
 
Face_Icon押忍珍さん

3:16抄
We are not your kind !

■登録日:2001年11月20日

「富国強猫」
(=猫が幸せな国は強くて豊かで平和)

「脱マ論」 
(=脱マスゴミ世論)
をモットーに、毎日書いてます。

  初日から 前日 週単位 翌日 最新  

2019/05/06(月)

仮にその通りなら、我が国以外にもその憲法の中に「9条2項」と同様の条文を掲げた国が少なからずあるハズだ。

 ▼  投稿日時:2019年05月07日(火)18時14分21秒[日本時間]
 ▼  天候:晴。のち、雨。
▼  今日の気分:
▼  今日のイチオシ:
▼  体重:
▼  明日の予定:
劣悪。

測ってない。



●本日のぬこさん画像
 本日のぬこさん画像は、毎度お馴染みのチビスケです。

 昨日の日記にも書きました通り、ただいま連休中だけにSL公園にも親子連れが多く来ており、そのため普段の居場所から追われたチビスケ(笑)。
 元の生活に戻れるまであともう少しだから、辛抱してくれよ(笑)。

●本日のヲタ話
 <その1>
 聞くところによると、今月3日、福井県・福井市で行われた護憲集会にてあの東京新聞記者・望月衣塑子氏(笑)が講演し、その中で
 ”(所謂「9条」は)人類が築いてきた理想や理念、英知を結集したモノで、
  (その第)2項にある戦力不保持・交戦権否認にこその精神が最も集約されている”
 と発言したそうな。

 ま、所謂「9条」の第《2項》について、望月氏が「個人」としてそう評価する分には
 ”お前がそう思うんならそうなんだろう、お前ん中 ではな(AA略)”
 で済む(笑)。
 が、いやしくも「事実」に基づいて「国民の知る権利」に応えるべきジャーナリズムの末席を汚す人間の1人として公衆の面前でこんな事をホザくのなら、それは「新聞記者の皮を被った活動家」の発言として掃き溜めに捨てるしかない。

 以前この日記で紹介した、学校で使用する社会科の教科書が「日本(日本人)目線」で書かれてない事を喝破した小6の女の子ならば、仮に所謂「9条」の《2項》が望月氏の言うような「《人類が築いてきた理想や理念、英知》を《集約》したモノ」なら我が国以外にもその憲法の中に「9条《2項》」と同様の条文を掲げた国が少なからずあるハズだ…と反論するであろう。
 
 然るに、護憲派はこの反論を否定できるのであろうか?
 
 その答えは、明らかに否。
 何故ならば、護憲派(つーか、パヨクの皆さん(笑))が「軍隊のない国」として必ず持ち出してくるコスタリカ共和国でさえ、米軍が駐留してるために「常備軍の保持」は否定した(同国憲法第12条)かもしれないが、その一方で一旦緩急アレバ自国民を「徴兵」し相手国に対する「武力行使」に備える事ができる(同147条)以上、《人類が築いてきた理想や理念、英知を結集したモノ》とかいう所謂「9条」の第《2項》がいうような《戦力不保持》も《交戦権否認》も現実に存在しないからである。

 故に、我々日本国民としては、こんな望月氏の妄言を有難がって聞かねばならん謂れなど、全くない(笑)。

 <その2>
 (昨日から続く)

 そんな「フェイク」の害毒がもはや病膏肓の域に達しているのが、困った事に、毎度お馴染みの●●や毎日…ではなく、両紙に比べるとまだまだ我々日本国民に信頼されているほうの日経(笑)社説だ。
 
 まず、日経社説子は
 >戦後、いまの憲法ができた際、
 >GHQ(連合国総司令部)による押し付けがあったのは事実である

 とコトもなげに言い切り、それから
 >ただ、その過程で[後略]
 
 云々と話を進め現行【憲法】が「日本製」である所以を滔々と語るのだが、ナンボ現行【憲法】の作成過程で日本人が関与しようとも、この日記でも幾度となく書いてきた通り、【GHQ】【による】明治欽定【憲法】(=大日本帝国【憲法】)改正の【押し付け】自体が占領地の法律の尊重を定めた【戦】時国際法(=ハーグ陸戦条約第43条)違反。

 にも関わらず、日経社説子は続けて
 >施行後70年以上を経て、国民生活に定着している法体系を、
 >押し付けだからという理由だけで全否定するのは非現実的だ

 とホザくが、この【GHQ】【による】【押し付け】という【戦】時国際法違反の。
 否。
 「【戦】争犯罪」の【事実】この一点だけで、現行【憲法】が【全否定】されるべき正当な【理由】たり得る。

 この日記でも幾度となく書いてきた「前提」に間違いがあれば結果導かれる「結論」もまた大間違いという論理学のセオリーからすれば、議【論】の「前提」たる現行【憲法】への改【憲】が【戦】時国際法違反という「間違い」に端を発している以上、その「結論」たる現行【憲法】に一独立主権【国家】の【憲法】としての正統性を認める事もまた、全くの大間違いとなるからだ。
 
 (明日に続く)

=押忍珍 3:16=


コメントありますコメントがあります カレンダーへ

各日記終了空間
  初日から 前日 週単位 翌日 最新  

  201905
前の月へ今日次の月へ


  サポート
お問い合わせ お問い合わせ
ヘルプ ヘルプ
よくある質問 よくある質問

  アクション
登録しよう登録しよう
パスワード忘れた!パスワード忘れた!
ログインログイン

登録しよう | ヘルプ | ログイン

Copyright 2019 Chibikki.. All Rights Reserved. 利用規約 | お問い合わせ | よくある質問集 |