トップページへ
  登録しよう | ヘルプ | ログイン


ニュース日記コメントスケジュール辞書作家/日記検索ランキング
トップページダイアリートップ各日記1日分
  
 Search:    

 
ダイアリーコメントカレンダーワーズプロフィールアクセス
 
Face_Iconぺ母〜〜警部♪さん

母子の犬と縁あって来た猫の生活
夫亡き後悠々自適かと思いきや、またもや走り回る生活じゃぁ!

■登録日:2005年04月09日

2年8ヶ月の闘病生活の果てに天に召された伴侶。その三回忌が済み、自分を解放して生きていきたいと思う日々。パート勤務の娘の代わりに三人の孫の世話に追われ、実現はまだまだ先?

  初日から 前日 週単位 翌日 最新  

2019/01/30(水)

siiの見送りから戻ったら、miiが徒歩で登校するところだったので、またワンズと送って行った。半年ぶりだよ、拒絶されてから(^_^;

 ▼  投稿日時:2019年01月30日(水)13時25分30秒[日本時間]
 ▼  天候:冷蔵庫の整理と掃除をした。捨てるものが山のよう(^_^;
▼  今日の気分:
▼  今日のイチオシ:
▼  体重:
▼  明日の予定:
シャリの行動が面白いよ
時間的に無理だった
大人しくしてたなぁ
NHKみんなの体操のみ



もうお判りですね?前にいるのは羊毛フェルトのワンズ。背景に見えるのはミニチュアのお城(^0^;)


午後に、菩提寺のご住職から電話を頂いた。ご相談がある、と昨日電話したので。

今年はお父さんの七回忌で実家両親の十三回忌に当たるので、一緒に私の生前戒名を頂いてしまおうと思っての相談だった。
ところがご住職、特別な法要を営む必要があり、却って煩わしくて出費にもなるから止めた方が良いですよって。

そこで、お父さんが亡くなってすぐに戒名を頂く時に、本人の遺言で「院号」を付けないでくれ、と強く繰り返し懇願していたことをお寺にお願いしたところ、脇にいた義母と義兄達に反対されてお寺にも説得されて立派な戒名を頂く羽目になった。
お父さんは、息子に院号を付けてやらなかったから、自分も頭を並べたいのだと言い続けていて、私はあれから6年半、すっと気に病んでいたので、せめて私だけは父ちゃんの意志を継いで「院号」は頂かずに息子と頭を並べたいと思ったのだ。

ご住職は即座に「承りました。意思を大事にします」と仰有って下さった。
私、電話口で思わず泣いてしまった。これでもう思い残すことはない。肩の重荷を下ろした\(^O^)/

いやいや、勿論まだまだ余生を愉しみますけどね(^0^;)



コメントありますコメントがあります カレンダーへ

各日記終了空間
  初日から 前日 週単位 翌日 最新  

  20191
前の月へ今日次の月へ


  サポート
お問い合わせ お問い合わせ
ヘルプ ヘルプ
よくある質問 よくある質問

  アクション
登録しよう登録しよう
パスワード忘れた!パスワード忘れた!
ログインログイン

 ぺ母〜〜警部♪さんお薦め日記

耳順さん
「車椅子の妻と二人連れ」
「妻は 平成20年9月16日午前0時30分永眠しました 妻の思いを胸に秘め 一人旅を始めました」
ひとくちコメント:
「80歳を迎えてえにっきに帰ってこられました!」



登録しよう | ヘルプ | ログイン

Copyright 2019 Chibikki.. All Rights Reserved. 利用規約 | お問い合わせ | よくある質問集 |